弁護士法人天音総合法律事務所 presents ゆっきーのCan Can do it!

毎週木曜日 bayfm/78.0MHz 
15:53~15:57 放送!

『弁護士法人天音総合法律事務所 presents
ゆっきーのCan Can do it!

弁護士法人天音総合法律事務所の代表弁護士、
正木絢生先生とキャン×キャンのゆっきーが

身近な法律トラブルや法律、弁護士のお仕事について、
わかりやすく解説する番組!

正木 絢生

2020.7.23放送/正木絢生先生

第12回

家族の借金って支払い義務があるの?

キャン×キャンのゆっきーさんと
弁護士法人天音総合法律事務所の代表弁護士、正木絢生先生が
毎回身近な法律トラブルや法律、弁護士のお仕事ってどんなこと?をテーマにお送りする番組
『弁護士法人天音総合法律事務所presentsゆっきーのCan Can do it!』。

第12回目の法律テーマは「家族の借金支払い義務について」ということで、
お金を借りた人が、借金を滞納したり自己破産した場合、家族にどんな影響が出るのか、
正木先生に教えていただきました!

よく、「家族が借りた借金を代わりに返す」なんて話を聞きますが、実は、
借金を返せなくなった方の家族には、原則、支払い義務はありません。
お子さんの借金が発覚した場合にも、契約に関わっていない場合は親御さんが
支払う義務はありません。

しかし、以下の場合には支払い義務が発生します。

・契約上、保証人になっている場合
 借金の保証人や連帯保証人に親や子、夫婦がなっている場合には、
 保証人として、「借金が返せなくなってしまった人(主債務者)の代わりに
 お金を返す義務」が生じるそうです。
 
・借りたお金の用途が生活費である場合
 家賃や光熱費など家族が共同で使うものの支払いを滞納している場合や、
 生活費のために借金をした場合には、“日常家事債務”と呼ばれ、
 家族にも支払い義務が生じることがあるそうです。

家族の借金を請求された場合や、「この場合には支払い義務があるの?」などと悩まれた場合には、支払う前に一度、弁護士法人天音総合法律事務所に相談してみましょう!