弁護士法人天音総合法律事務所 presents ゆっきーのCan Can do it!

毎週木曜日 bayfm/78.0MHz 
15:53~15:57 放送!

『弁護士法人天音総合法律事務所 presents
ゆっきーのCan Can do it!

弁護士法人天音総合法律事務所の代表弁護士、
正木絢生先生とキャン×キャンのゆっきーが

身近な法律トラブルや法律、弁護士のお仕事について、
わかりやすく解説する番組!

正木 絢生

2020.7.16放送/正木絢生先生

第11回

自己破産をすると戸籍に載るって本当?

キャン×キャンのゆっきーさんと
弁護士法人天音総合法律事務所の代表弁護士、正木絢生先生が
毎回身近な法律トラブルや法律、弁護士のお仕事ってどんなこと?をテーマにお送りする番組
『弁護士法人天音総合法律事務所presentsゆっきーのCan Can do it!』。

「自己破産すると戸籍に載る」なんて噂もありますが、
破産した事実が今後も記録として残ってしまうのではないか?
破産したことを周りの人に知られてしまのではないか?
などと、自己破産を検討するうえで不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

第11回目の今回は、「自己破産すると戸籍に載るって本当?」をテーマに、
自己破産した場合に残る“記録”について正木先生に教えていただきました!

結論を述べると、自己破産しても、戸籍には載らないそうです!
自己破産をしても、その事実が永遠に記録されて今後の人生につきまとうわけではありませんのでご安心ください。

番組では、自己破産によって記録が掲載される可能性があるものとして、以下の2つを紹介しました。
① 市区町村の「破産者名簿」
破産を申し立てた人全員が記録されるわけではなく、免責許可が下りなかった人など、
例外的な一部のケースで裁判所から市区町村に通知されるものです。
多くの方は破産してもこの名簿には載りません。また、この名簿は一般の人は見ることが
できないので周りの方に知られてしまう心配もありません。

② 「官報」
破産すると、「官報」という政府が発行している新聞のようなものに掲載されます。
破産者以外にも、相続や公示催告など沢山の情報が載っているものなので、事前に破産することを知られていない限り、偶然見つかることはほぼありません。

どちらも、周りの方に知られてしまう心配はほとんどないので、自己破産を検討されている方は、記録が残ってしまう心配はしなくてもよさそうですね!

インターネットで調べると色々な情報が出てきますが、間違った情報もたくさんあります。
このように、自己破産や債務整理について不安なことや知りたいことがある場合にはぜひ、正木先生のいらっしゃる弁護士法人天音総合事務所に相談してみてくださいね。無料相談も行っているそうですよ♪
気になることがある方はお問合せしてみてください!